こんな方は受診してください

リウマチの初期症状は朝方のこわばり、関節が腫れて痛む、原因不明の発熱、倦怠感、体重の減少、食欲不振などが上げられます。
これら症状に思い当たるところがある場合は、リウマチの可能性がありますので早めに受診してください。

よくある症例

関節リウマチ

最初は両方の手や足の指の関節が対称的に腫れて、とくに朝、こわばるようになります。また、人によっては膝関節や股関節など大きな関節にも病変が進み、水が溜まり、動きにくくなり、痛みのために日常生活に困難をおぼえるようになります。
どの年代でもおこりますが、特に30~40歳代の女性に多く発症します。軽症の人もいれば重症の人もいて症状も多彩です。
早めの診断・治療が必要です。

関節リウマチは、関節だけの病気ではなく全身病ですので、貧血症状がでたり、体がだるくなったり、微熱がでることもあり、こうなると症状が悪化します。

全身の関節に進行していく病型の患者さんの場合、指や手首の関節が破壊され、指が短くなったり、関節が脱臼して強く変形することがあります。足のゆびにも変形がおこります。

全身の関節に進行していく病型の患者さんの場合、一番こわいのは、首の一番上の部分で背骨が前にずれてしまい、脊髄が圧迫され、手足が麻痺したり、呼吸がしにくくなる場合があることです。

膠原病

膠原病という病気は、複雑多岐にわたる病気で、なかなか一言では説明できません。あえていえば「からだの中の血管と結合組織に炎症がおこる」病気です。血管と結合組織は、からだの中のどこにでもありますから、基本的にはいたるところで病気がおこる可能性があります。

膠原病とよばれる病気はいくつもあり、それぞれに特徴は違います。しかし、発病時に現れやすい症状は似ています。発熱や関節痛などは日常的によくみられる症状です。しかし、とくに思い当たることもないのに現れ、なかなか改善しないようなら、膠原病を疑ってみる必要があります。

リウマチ性多発筋痛症

リウマチ性多発筋痛症では、全身の症状、筋肉の症状、関節の症状3つが主な症状です。全身症状としては、あまり高くならない発熱、食欲不振、体重減少、全身倦怠感、抑うつ症状などがみられます。筋肉の症状としては、両側の肩、くび、腰、臀部、大腿などに痛みやこわばりがでます。半数以上の人ではこの肩周囲の症状が最初に現れます。
しかし一般に筋力が低下することはありません。関節の症状として朝の手のこわばりや関節痛がみられます。とくに夜の痛みが多く、睡眠時の体動で痛みが起こり、目が覚めてしまうことがよく起こります。手関節などが関節リウマチのように腫れることはあまりありませんが、全くないわけでもありません。元気がないことから初老期うつ病と間違えられたり、肩の痛みから五十肩と誤診されることもあります。

治療法

薬物療法

主な種類は抗リウマチ薬(DMARD)、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)、漢方薬になります。

リハビリテーション療法

薬には痛みや炎症をとる効果が期待できます。しかし、薬にばかり頼って関節を動かさないでいると、関節が固くこわばってしまうことがあります。毎日続けるために、家庭でのリハビリテーションが大切です。毎日繰り返し長く行えば、関節の機能障害を抑え、痛みもやわらいでいきます。